1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3棟目の銀行融資をGET
福岡郊外の3棟目の収益物件にむけて銀行との交渉を進めていました。

結局、1棟目の鉄骨マンションを購入した際の地方銀行さんに絞ってお願いをしていましたが、1ヶ月ほどの審査期間を経て、本部決済が通り大丈夫との連絡が入りました。

だめだとは思っていませんでしたが、やっぱりOKをもらうとホッとします。

不動産屋さんの担当の方や、売り主さんを待たせている訳ですから、とりあえずこれで先にぐっと進むことになります。

今回、過去3カ年分の確定申告書や決算書はもちろんですが、そのた自分の自宅関連の資料や金融資産の内訳など、いろいろと提出して説明しました。

金融資産は積立てや投資信託、外貨など含め1千万以上ありますし、自宅のローンも既に半分以上済んでいますので、その辺りを強調しておきました。

また、特に銀行が気にしていたのは、遠方からの物件管理でしたので、そのあたりを良く説明。

現在2部屋空きだったのをかなり心配していましたが、自分の熱意とともに、具体的なプランを説明して納得して(安心して?)もらいました。もちろん、その間に懇意にしている仲介会社の担当にお願いして募集をどんどんお願いしていました。

運良く、というか仲介会社の担当者の努力によって決済前に1部屋決まりました。感謝です。

諸々の結果、今回いただいた条件は諸経費込みで全額融資可能とのこと。

とてもありがたい条件です。

また、RCの築5年という好条件もあり、期間も24~28年でということ。

金利も5年固定の縛りで、2%とちょっと。

十分というか、これ以上は望めませんよね。

自宅の住宅ローンでも十分な条件です。もちろん担保は、当該物件のみです。

融資担当のNさん、感謝いたします。本当にありがとうございます。

物件の売り出し価格から、やや値引きが可能であったことや、自己資金も一部使えることも考慮して、諸経費分と値引き分については自己資金を使うことにしました。

もっと自己資金を使うこともできますが、少ない経験上でも購入後のトラブルや改修等である程度まとまったキャッシュをもつ必要を感じていましたし、外貨や投資信託等は換金のタイミングも決していい時期ではないので、「ある程度」にとどめました。

これに関しては賛否両論あるのでしょうが、物件がしっかりしている(評価はもっと高く出ました)こともあり、長期に収益を出してくれる自信もありますので、ほぼ、いわゆる「フルローン」で3棟目も購入することにしました。

これでも現状で10%程度の表面利回りを確保できます。

固定資産税等の諸経費が結構高くつく物件ですので、満室になっても有名な不動産投資家の方々のような高利回り物件にはなりませんが、長期投資資産運用として本業のリタイア時期を勘案しながら投資しているスタイルの私にとっては十分な物件です。

さあ、ここからが不動産投資のメインステージです。

不動産投資の本質は、やはり賃貸経営をいかにうまく長期にやっていくかです。

さあ、どんどん経験値を貯めてレベルをあげていきたいと思います。日々是勉強です。

ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
このブログを応援する!サラリーマン投資家

脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主


不動産投資は物件が命。自分でしっかりと物件を吟味して投資可能な物件かどうかを判断することが大事です。そして、時間をレバレッジする為に、実践者に学ぶ事もまた有効です。
■不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎! 
こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。