1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「原因と結果の法則」を考える
ジェームス・アレンの「原因」と「結果」の法則をご存知でしょうか。

かなりのベストセラーなので、ご存知の方も多いと思います。

まだの方は、大体どこの図書館にもありますので一度読んでみてはいかがでしょうか。

個人的には、一冊持っておいて何度も読み返すことをお薦めします。

原則的には非常にシンプルで、結果には必ずその原因があるというものなのですが、奥が深い。

本当に考えさせられる1冊です。

自助論と並んで成功哲学の基礎と言えるのではないでしょうか。

どちらも100年以上も前にイギリスで書かれた本です。大英帝国が衰退していく時代に書かれたものですが、この時代すでにこれらの意識をもった人たちは、ベンジャミン・フランクリン を初めとして、アメリカに受け継がれ、アメリカ発展の原動力となっていました。

そういう意味では、ベンジャミン・フランクリンの方が、さらに古い考えですから、基本と言えば基本。

ただし、フランクリンは体系的・哲学的に書いたのではないので、体系的に書かれている点では、前述の2冊は読んで損はない本ですね。

成功哲学や、自己啓発関連の本はたくさん出ていますが、結局は古典に行きつきます。

やはり、100年以上読み継がれたほんの方が、淘汰されもまれて残ってきた名著ですから、説得力も迫力もありますね。

時代に合わないとか、そぐわないとか言う方もいますが、それは読み手が時代時代に似合った解釈なりをすれば良いことで、原則的な事項は普遍的でいつの時代にも通用するものがあるはずですね。

それをしっかり読み手が理解して考えるからこそ役に立つ訳です。

自分で考えることこそが一番重要なことですね。

多くの本はそのヒントを少しだけ与えてくれるものに他なりません。

いろんな意味で、「原因」と「結果」と言う考え方はシンプルで応用できる法則・原則だと思います。

自己責任の投資には必須の考え方です。


ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
このブログを応援する!サラリーマン投資家

脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主


こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。

人気ブログランキングへ
↑にほんブログ村より地味な感じですが、登録ブログ数は多いですね。

スポンサーサイト

テーマ:お金の哲学 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。