1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資、資産運用今が始め時??
未だ抜けきれない未曾有の大不況。

政府・与党は15兆円もの追加経済対策を打ち出しましたが、成果はあるのでしょうか。

今後市場が活性化し、経済が上向いていけば、今が投資活動始め時とも言えます。

不動産物件も格安状態で放置されているものが多くあります。

私はあまりお薦めしませんが、区分のマンションなんかホントに安くてたくさん出回っていますね。

地価も安いし、株価も安い。

不動産投資や、株式投資を始めるにはもってこいの時期と言えます。

ただ、先行きが不安なだけに、資金を「不確実」な投資に投入することに躊躇する方も多いことでしょう。

短期的に見ればまだ悪くなるかもしれません。

私が一度FXで失敗したように、レバレッジを効かせて、下落局面でロスカットされたりするリスクはあります。

しかしながら、今のレベルから更にどのくらい落ちるかはわかりませんが、長期的には上がることが予想されますし、そうなるでしょう。

あまりレバレッジを効かせることなく、堅実に今のレベルから投資していけば、かなりの確率で資産を増やすことができます。

以前FXで大きな利益を上げた人たちも、かつて円安が進んだ時に始めた人たちばかりです。

そして、その後に続けとばかりに始めた後進組はロスカットの憂き目を味わい、損を出した人も多いことでしょう。

やはり、先制が大事です。人に先んじることが大きく躍進する秘訣でもあります。

あとは、今始めることができるかどうか。

エメットの法則」というのをご存知でしょうか?

エメットの法則」とは、先延ばしした仕事は2倍の労力が必要とされる法則で、タイムマネジメントの専門家リタ・エメットが唱えたもので、効率的な仕事をする上で有効な法則です。

多くの人が、わかってはいるもののなかなか実践できないことの1つですね。

エメットの第一の法則:仕事を先延ばしすることは片付けることより倍の時間とエネルギーを要する。

エメットの第二法則:グズの原因の1つは完璧に対するこだわりである。

という、2つの法則があるそうですが、もっともなものですよね。

これは、投資を始める際にも同じことが言えそうです。

すぐ始める、今始めることの重要性。

出遅れるほど実はリスクが高まるのです。

もちろん、無知・無知識で始めることは失敗の始まりですので、しっかり準備することはもちろんですが、完璧な安心を求めるといつまでたっても始めることはできません。

リスクをどのラインで取ることができるかを自分で判断できるようになれば、ある程度の「霧」があっても始めるべきなのでしょう。

私もそうでしたが、どれだけ勉強しても始めてみなければわからないことはたくさんあります。

そしてそこから得られる教訓なり反省が、更なる確実性の向上につながるものであると確信しています。


ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
このブログを応援する!サラリーマン投資家

脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主


不動産投資は物件が命。自分でしっかりと物件を吟味して投資可能な物件かどうかを判断することが大事です。そして、時間をレバレッジする為に、実践者に学ぶ事もまた有効です。
■不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎! 
こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。

人気ブログランキングへ
↑にほんブログ村より地味な感じですが、登録ブログ数は多いですね。

スポンサーサイト

テーマ:お金の哲学 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
エメットの法則ですか・・・。

なかなか、耳が痛いです。不動産投資を始めるのにはいい時期なんでしょうが、なかなか勇気も資金も出てきません。

まずはREITから初めてますが、不動産投資と言えるのかどうか・・。


皆さんどのくらいの手持ち資金から始めているのでしょう?
2009/04/12(日) 23:03:47 | URL | やぬし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。