1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらなるRC物件への期待
鉄筋コンクリート(RC)造の魅力は、耐用命数が長い事です。

すなわち、構造上丈夫なので資産価値が長く持つと言うこと。なので、銀行の建物評価が良くなる傾向にあるという事です。

また、減価償却期間が43年と長い為、築13年経ってたとしても最長30年ローンが組めてしまうので、キャッシュフロー的にも助かります。

ローンが長くなる事は、金利を多く払い結果的に多額の支払いを背負う事になりますので、自宅等のローンの際には極力短くする方が有利です。しかし、不動産投資の場合はちょっと違う観点から見る事が出来ます。

ローン期間が長くなると、当然毎月の支払額が減ります。利子の支払い分は経費となりますので、元金部分のみが真の負担となります。また、毎月の支払い原資は家賃収入ですから、その差額はキャッシュとしてたまる事になります。

もちろん、諸経費がかかりますので単純にはいきませんが、自分の給料から払っている自宅のローンとは違う事だけは確かです。

また、銀行から見ても、老朽化してすぐ資産価値のなくなる木造よりもRCの方が長く資産価値を維持する事が出来る点と、もともとの建築コストが高く、建物そもそもの価値としても十分に積算できるRCを高く評価するようです。

したがって、FXよりも低リスクでレバレッジを大きくかける為には、銀行評価の良いRC探しに専念することになります。

一方、不利な点としては、減価償却期間が長い為に毎年の「減価償却費」すなわち出費のともなわない経費を大きく取れない為に、税金対策上あまり魅力的ではありません。結果、税金を多く払う事になりキャッシュフローが悪くなります。

ただ、まずは資産を殖やす事に専念するとするならば、やはりRCは魅力です。RCの購入は長期投資がやはり前提です。流動性はかなり悪いし、当初のキャッシュも思ったより多く貯まりませんが、コンスタントに不労所得を生む「資産」を築く事は大事なポイントだと考えます。

ただ、金森さんのおかげで多くの方が、RC狙いになっているので、必然競争も激しくなっています。

金森さんも最近言われているようですが、もうすぐ限界なのかもしれません。

その意味でもなんとか早めに良いRCを購入したいと思います。


銀行融資をいかに引き出すかはこつがあります。自分で試行錯誤するのも良いし、ノウハウを受けることも可能です。参考にしてみては??

頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

サラリーマン投資家がたくさんいていつも励みになります。
↓クリック
にほんブログ村 サラリーマン投資家



私のFXメイン口座です。ほったらかしスワップ・長期投資派にはもってこいの口座です。5000円のキャッシュバックも魅力です。

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://realestatefx.blog35.fc2.com/tb.php/32-9df41087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。