1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
75兆円の資金供給とはすごい・・・
米政府の総合的な金融安定化対策の原案によると、米国の公的資金による不良資産の買い取りは最大約75兆円にも達するそうです。

伝統的に市場に政府が介入することを嫌う米国が、ここまで大規模な公的資金を投入するなんてとてもすごいことですね。

自由資本主義は政府の役割を極力減らし、市場の原理に任せるのことを最善としているわけですから、ここまで政府が介入してしますと、市場原理が大きく歪むことになります。

いままで、米国は政府が必要以上に介入すると、企業や市場が政府に期待するようになりますから、結果的に企業や市場の機能が低下するものと考えていました。

まさに社会主義を否定する以上当然のことですよね。

国家が経済を統制することを極度に嫌った結果、政府の介入を極力減らすと言う政策になっていたのでしょう。

一方、日本や最近の中国などは、国家がかなり介入しますね。

イギリスなんかも労働党政権時に国家が過介入していました。

今回はあまりにも非常事態ということで、米国も思い切った政策を打ち出してきました。

この結果、一時的には混乱回避となりますが、長期的に体力を損なうことになるのか、たまの支援はやはり必要なのか、結果が出るのはずっと先のことでしょう。

日本は、ちょうど中国の経済政策と米国の経済政策の中庸のような政策をとりがちです。中庸は非情に良いことなんですが、中途半端になってしまうと目も当てられませんね。

しかし、最後に頼れるのは自分自身

米国が今回大きな介入をしましたが、これは非常事態だから。リーマンを見捨てることにより、バランスをとったのかもしれませんね。

国家が最後に助けてくれると思うと、真の力をつけることはできません。

個人でもそうですね。年金たなんだと国家に頼っていては個人の力は弱ってしまいます。

国家に頼らなくてもしっかりと生活できる力をつけなくてはなりません。

最後に頼れるのは自分自身です

ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
このブログを応援する!サラリーマン投資家


脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主
人気ブログランキングへ
↑にほんブログ村より地味な感じですが、登録ブログ数は多いですね。


情報の優越ってご存知ですか?投資と言う戦いに勝つには、情報で優位に立つ事が必須です。時間をレバレッジする為に、実践者に学ぶ事もまた有効です。
資産倍増計画、大好評につきセット販売!

私のFXメイン口座です。ほったらかしスワップ・長期投資派にはもってこいの口座です。ついにFXダイレクトも手数料無料!キャッシュバックも魅力です。



こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://realestatefx.blog35.fc2.com/tb.php/214-5374afbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。