1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資と平和について終戦の日におもう 
今日は終戦の日

いわゆるお盆でもありますし、今年はたまたま旧盆も同じ。

8月15日は正確には終戦の日ではなく、玉音放送のあった日、すなわち「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び・・・」のレコード放送があった日ですね。

ポツダム宣言受諾は9月2日なので欧米では終戦は9月2日をいうようです。

いずれにせよ、今日は一般には終戦の日。心安らかに、多くの国の戦死者と日本の未来の為に散って行った先人達のご冥福を祈りたいと思います。

今、私たちがこうして自由な経済活動ができているのも全て先人達のおかげ。

急に今の平和な世の中がやってきたわけではありませんね。

評価はいろいろありますが、インドだって中国だって、あの戦争がなければ現在の状況はないわけですね。多くの植民地が解放されたことも事実。

反省すべきは反省し、プラス思考で考えるならば、我々に与えられた使命はもっと平和で豊かな世界を目指すこと。

今日は、いろいろ考えさせられる日ですね。世界の安定と平和がいかに経済状況に影響するか、安全保障が経済繁栄に必須であることを認識しなければなりません。

独立もままならない国や、他国の侵略を受けるような国は通貨も物価ももちろん安定しません。

国家が平和で安定し独立も保っていること、そして世界の中でしっかりとした地位を築いていること。これが前提条件なんですね。

それを忘れて、豊かになること、お金を稼ぐことばかりを追求してはいけません。

日本は世界が平和で豊かになれるよう国家として努力をしなければなりません。

そうすることにより、世界から信頼され、信用され、日本もまた豊かになることができるものと考えます。

成功哲学に「まず与える」という原則がありますが、国家にも当てはまるのでしょう。

そのなかで、自分にできることは何か。

私は小さい頃から、親に「世界平和の実現の為」一生懸命勉強して、働きなさいと言われてきました。

世界平和の実現にため何ができるかわかりませんが、少なくとも努力することにより少しでも貢献できればとおもい今日まで頑張っているつもりです。

世界に投資することだってそう。投機ではなく、長期的にその国が発展する為にと思って投資をしています。

だから、インド株や中国株が急落しても一喜一憂せず、応援します。

日本株だってそうです。一生懸命働いてもらった給料を日本の未来に投資しているのですからね。日本を見捨てることは絶対にしませんよね。

終戦の日に、世界に思いを巡らし投資と平和について考えているのもいいもんです。日本の1600兆円の金融資産が、日本を含む世界への投資に回るとそのインパクトは絶大ですね。

日本を必死で守ろうとした先人達に感謝し、自分にできることを一生懸命努力しようと思います。


北島選手すごいですね!日本人として誇りに思います。

ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
にほんブログ村 サラリーマン投資家


脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主
人気ブログランキングへ
↑にほんブログ村より地味な感じですが、登録ブログ数は多いですね。


情報の優越ってご存知ですか?投資と言う戦いに勝つには、情報で優位に立つ事が必須です。時間をレバレッジする為に、実践者に学ぶ事もまた有効です。
資産倍増計画、大好評につきセット販売!

私のFXメイン口座です。ほったらかしスワップ・長期投資派にはもってこいの口座です。ついにFXダイレクトも手数料無料!キャッシュバックも魅力です。



こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://realestatefx.blog35.fc2.com/tb.php/181-565662f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。