1. FC2
不動産投資とFXはどっちが儲かるのか?
金持ちサラリーマンになるには、不動産投資とFXどっちが儲かるのか?両立は可能なのか?給与の他に月30万の所得を目指して、現役サラリーマンが奮闘!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金融引き締め政策を緩和
北京オリンピック真っ最中です。

夏休みの日曜となれば家族サービスをしなければなりませんので、日中はまったくオリンピックがどうなっているのかわかりません。

海に行ったり公園に行ったり大変です。全然サーフィンにいけません。。。

ところで、中国政府はオリンピック後の中国景気の下振れを防止する為に金融引き締め政策の修正に乗り出したとのこと。

中国はここ数年の飛躍的な経済成長でインフレが問題となりつつあり、というかインフレですね完全に・・・インフレ抑制のため強力に金融の引き締めをしていました。

まあ、昨年の株価の高騰と、その後の暴落でガタガタな感じはありますが、中国も必死で欧米や日本の反省に学び金融政策を駆使してきました。

ここのところ、中国経済も減速気味で、オリンピック後にがっくりと来る蓋然性が出てきた為、中国当局も焦っているのでしょう。

金融は生き物みたいなものですから、なかなか思うようには統制できませんね。もしかしたら減速どころか一気に加速し、スーパーインフレになったりするかもしれません。

どちらにせよ、中国株に投資している投資家達は、中国の安定的な経済発展を期待しています。バブルのような急激な高騰は望んでいませんしね。

中国の経済担当にはハーバードやプリンストン大学で学んだり教鞭をとっていたりしていた人が多いですよね。

アメリカ的経済学を中国共産党がどのように料理して提供するのか。

結構壮大な実験だと思います。

ある意味これが成功すると、一党独裁下の金融・経済政策のすごさが顕著になるかもしれません。

しかしながら、当然牽制が効きませんので、振り子が反対に振れた時には大変なことになるかもしれませんね。

まあ、不確実性の多い今後の世界の中では、何とも言えませんね。

では、日本はどうするのか。

日本も本気で経済を元気にする政策を実行してもらいたいものです。

意味のない、補正予算の助成金や箱もの公共事業は一時的なものにしかなりません。

政策とは、中長期的な観点から制度を変えたり規制を緩和するなどのことを実行してもらいたいものです。

一時的には痛みを伴うものの方が後の伸びが期待できます。

和をもって尊しとする政治ばかりじゃ危機を乗り切ることはできません。

日本はいま危機にあるという認識を、政治家自身がしっかり自覚してもらいたいものです。

日本もまだまだ捨てたものではありません。ちょっとしたきっかけで、元気になりますよ。

北京オリンピックを見ながらいろいろ国家について考えさせられました。

ホントに良い機会です。


ランキングに参加しています。更新の励みになります!
↓クリックして応援よろしくお願いします
にほんブログ村 サラリーマン投資家


脱サラリーマン、経済的自由を手に入れる第一歩は個人事業&青色申告からです。個人事業主のブログを応援して下さい。
にほんブログ村 個人事業主
人気ブログランキングへ
↑にほんブログ村より地味な感じですが、登録ブログ数は多いですね。


情報の優越ってご存知ですか?投資と言う戦いに勝つには、情報で優位に立つ事が必須です。時間をレバレッジする為に、実践者に学ぶ事もまた有効です。
資産倍増計画、大好評につきセット販売!

私のFXメイン口座です。ほったらかしスワップ・長期投資派にはもってこいの口座です。ついにFXダイレクトも手数料無料!キャッシュバックも魅力です。



こちらもブログランキングです。よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking
↑ファイナンシャルプランニング・資産運用についての情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://realestatefx.blog35.fc2.com/tb.php/177-8618430f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。